手作りビニールハウスを組み立てたいと思うときにはビニールハウスの名称を知っておくと便利です。
ビニールハウスの部材にはそれぞれ名称があります。

まずはビニールハウス自体について。

ビニールハウスの奥行の向かう方向を棟方向といいます。
これは聞きなれない言葉ですね。
ハウスの長さは奥行。これは普通に使うのではないでしょうか。

ハウスの幅を間口といいます。

ハウスの高さを棟高、天高といいます。

ハウスの地面に垂直になった部分を肩高、軒高、腰高といいます。
そして、ここからアーチの高さまで、肩から棟までの高さを小屋高と言います。

アーチとアーチの感覚をパイプスパン、アーチスパンといいます。



では次にビニールハウスの部材の名称です。

骨組のところはパイプ、丸パイプ。
この管をつなぐために細くなっているのをスエジ。

連結部分はテンボス。

パイプを固定するのはセッター。

棟クロス金具というのは棟パイプとアーチを固定するためのもの。
パイプキャップは妻面アーチに直感を固定するための部材のことです。
アングルバンドはパイプを斜めに固定するt気に使います。
斜め雪駄0もパイプを斜めに固定するための部材です。

沈下防止パイプは沈下防止用直管。
ハウス固定杭はらせん杭、スクリュー杭などを使います。










スポンサーリンク