ヤンマーの耕運機には様々な種類があります。家庭用の耕運機や農機具用など。価格は性能によって違います。それなりに広い畑を手軽に耕したいという場合は商品はそれなりの価格になります。


耕運機 ヤンマー耕うん機 YK650MRなど、耕うん、うねたて、移動などが一通りこなせるのは20万ほど。

ミニ耕うん機だと、耕運機より馬力は劣りますが、一通りの作業はこなせます。YK450MRは18万ほど、ヤンマー ミニ耕うん機 管理機 YK300QTだと9万ほど、 耕運機ヤンマーミニ耕うん機 YK300QT,UTだと9万ほど。

ヤンマーの有名なポチのミニ耕運機YK300FPは15万ほど。

やっぱり耕運機は同じメーカーなら特に、廃盤や型落ち、お店のセールなどで安いといった状況でない限り、高いものほど高性能という感じです。

20万くらいの価格をするものが使いやすそうだと家庭菜園をしている両親が言っていました。
ただ、逆に家庭菜園にそこまで本格的なものを買う必要があるのかということはありますが……。

ヤンマーなどの耕運機もそれくらいの価格までは家庭菜園を視野にいれているような気がします。
車に乗せやすい、女性も扱いやすいなど。

あとはカセットボンベがいいのか、電気で動くタイプがいいのか、従来のガソリンタイプがいいのか考えておきましょう。


中古だと千差万別のような気がします。
中古耕運機販売店だと価格はある程度一定で、個人で売買するオークションなどは結構価格にばらつきがあると思います。

安いものだと数万なので、家庭菜園をしている場合などは中古を視野に入れるとよさそうな気がします。




スポンサーリンク