ビニールハウスのビニールが破れてしまってもビニールハウス自体を買い替える必要はなく、ビニール部分だけでよく販売されています。

価格帯は商品や大きさ、厚さによってまちまちですが、PO素材のものは高価な印象です。

また、ビニールハウスを選ぶときに価格や素材もですが、紫外線カット率、すなわち遮光率も重要ですね。

ビニールハウス用ビニール価格などを比べて商品を選ぶとよさそうです。

また、ビニールハウスのビニールだけではなく金具部分、ビニールハウス部材、ビニールハウス部品なども部品だけ購入することができます。ビニールハウス規格をしっかりと調べてから購入するとよさそうです。

実際の店舗だけではなく、通販でビニールハウスを打っているお店も調べておくと、満足できる買い物ができる気がします。

ただ、これは農業用ビニールハウスの話で、家庭用の数千円のビニールハウスだとどうなんでしょうか。
あまり家庭用ビニールハウスのビニールは見かけませんでしたね。
農業用でも代用はできそうな気がしなくもないですが。
ビニールハウスの補修テープで補修して使うのもよいかもしれません。

補修テープはアマゾンや楽天の通販をはじめとし、様々なところで購入できますね。

スポンサーリンク