ビニールハウスの耐用年数をかんがえたときに二つの考え方ができると思います。
まずは減価償却の区分としての耐用年数です。
ビニールハウスの耐用年数としては7年が定められています。
ビニールハウス耐用年数国税庁で調べられます。

ただ、この七年というのはどれくらい使い続けられるものなのかでしょうか。
ビニールハウスは穴があいてしまうこともあり、そうしたときはビニールハウスを補修や修理をしながらつかっていくことになるのだと思います。

アマゾンなどでも補修用テープが売っているので、こうしたものを積極的に活用していくのでしょうか。
ただ、補修してももう使えない状態になったり、新しく買いなおしたほうがいいときには新しいものを買うことになってしまうかもしれませんね。

そのため、農業用ビニールシート価格、ビニールシート価格を調べる時もそうですが、
あらかじめビニールハウス資材を買う時に、強度の強いものを選ぶことが結果的に安上がりになるということもあるかもしれませんね。

あまりビニールハウス中古なども見かけませんね。

おじいちゃんがビニールハウスを使った農業をしていたので、いろいろ聞いておけば分かったのかもしれません。ハウスで野菜を育てていました。主に夏言っていたのもあってか、トマトやキュウリとかがあったような記憶があります。

スポンサーリンク